WEB会議が女性の社会進出の一翼を担う

WEB会議の導入を急いでいる企業が増えています。


その理由のひとつとして、女性の社会進出を促したいという社会の風潮があるようです。

WEB会議があることで、女性が自宅にいながらにして会議に参加できるようになることがその目的であると考えられるます。

本来男女ともにその役割を担うべきではありますが、現代の日本では主に女性がこどもの保育園等の送迎や、食事の準備、片付け、そしてお風呂に入れさせて寝かしつけるまでを担当していることが多く、男性は残業をするという風潮がまだまだあります。



そうした制約がある女性は、定時退社や時短勤務をせざるを得ない状況であることが多く、会議の時間帯によっては参加ができず、よりいっそうのマミートラックに陥っていくケースが見受けられます。



また、日常の制約以外にも、子どもの発熱時や出席停止の伝染病に感染したときなどは、出勤することすらままならないのです。


そうしたときに、インターネットの環境さえあれば、離れた場所からでも参加できるWEB会議というのは非常に有効なツールになると考えられます。

子どもが寝ている時間や、習い事をさせている時間などであれば家にいても、女性の手をすかせることは可能ですので、その時間を利用してWEB会議に参加することができるのです。

重要な会議に漏れずに参加できれば、女性もモチベーションを下げずに働くこともできますし、会社としても意欲を買うことになります。



モチベーションの高い女性がその意欲を喪失してしまわないように、ひとつのツールとしてWEB会議の導入が進むことが期待されます。