意思決定も迅速に行えるWEB会議

一昔前とは異なり、近年ではビジネスをはじめ幅広い分野でWEB会議の利用が進んでいます。

WEB会議を使えば、離れた場所に位置する事務所はもちろん、外国の取引先や在宅で勤務しているスタッフとも、顔を見て会議を行うことができる点が最大のメリット。



会議の運営にかかる経費も大幅に削減できるので、生産性向上にもつながります。
WEB会議は、離れた所にいる相手と、まるで同じ部屋の中で会話しているかのような雰囲気で、会議をしたり打ち合わせできるシステムです。
打ち合わせなどを行う際には、やはり相手と直接話すことによって得られるものは大きいと言えるでしょう。

WEB会議を利用すると、距離や時間、場所にもとらわれず、いつでも本社や支社で自由にコミュニケーションを取ることが可能です。



例えば、社員教育では営業所や事業所の拠点が遠方に存在しているケースが多く、集合研修を実施しようとすると、時間もコストもかかるという課題が挙げられていました。
しかしweb会議を使えば、距離や時間などの制約を受けないので、効率的な教育が実施できます。

正確かつ迅速に意思決定をしたい場合にも便利。



心理学では、コミュニケーションにおいて言語がおよそ7%、声がおよそ38%、視覚情報がおよそ55%前後という比率で成り立っているという説があります。電話とメール、テレビ会議を比較すると、全て要素がそろっているのはWEB会議だけです。


こうした会議の利用によって、スピーディな意思決定が可能となります。