WEB会議によるビジネス革命

WEB会議によって将来は会議がなくなるかもしれません。というのは、これがあれば、いちいち人が会議室集まることもなく関係者だけで会議をリアルタイムですることが出来てしまうのです。

いわば会議というのは関係者が一堂に会して情報交換する場ということになるわけですが、それがWEB会議によって会議室に集まることなく成立してしまうというわけです。

関係者はモバイル端末を持っているだけでいいのです。


会議の関係者は端末を利用していつでも会議に参加します。

それで、WEB会議が出来てしまいます。



端末には参加者の映像がリアルタイムで見られるようになっているので、後はそれを自動的に保存しておくだけで議事録となります。

会話は普通に出来て、ほとんど時間のロスもありません。



世界中のどこの誰とでもこれが出来るわけですから、これがビジネスに大きな変化をもたらすことは間違いありません。

これまで出張して会議などをしていたことが全て不要となり、会議の必要性が出てきたところですぐにすることが出来るのです。

これによってビジネススピードは革命的に速くなります。

それでいて世界中のどこの拠点とも同時に情報交換が出来るのですから、これは大変な変化です。

WEB会議システムを利用しているところとそうでないところとでは、ビジネススピードに格段の差が生じることになるといってもいいでしょう。
多くの拠点を持っているところほど利用価値が高いシステムということにもなります。