WEB会議によって将来は会議がなくなるかもしれない

WEB会議は今のビジネスには欠かすことが出来ないツールとなっているといってもいいでしょう。

そして、近い将来WEB会議システムによって会議というものは無くなるということが予想されます。



というのは将来的には全ての従業員がモバイル端末を携帯することになるでしょう。

会議のようなものがあるとこの端末を利用して会議に参加するというようなことになります。

つまり、会議室に集まるようなことなく、仕事をしているその場でどこでも情報交換が誰とでも出来るということになります。

これはビジネスにおいてはとんでもないことです。

会議というのはビジネスでは非生産的な行為ですから、これをいかに少なくするのかということが大きなビジネスの課題なのですが、これが一気になくなって、会議でやりたかった情報交換は全てこのWEB会議で出来てしまうのです。

それが世界中のどころ人とも出来るのです。

今生じた問題点を世界中の人に確認することも出来て、それをデータとして自動的に保存しておくということも可能です。



議事録のようなものが自動的に出来るわけで、書記の必要性もありません。

データはそのまま保存しておけばいいわけで、結果はそのデータを編集して関係者に送信するだけで結果の報告も終了です。



ですから、WEB会議は会議を無くしてしまうだけではなく、これまでの情報交換の手段を根本から変えることになるでしょう。

全ての事がこのWEB会議のシステムで出来るようになるのです。