WEB会議をすることのメリット

会社の会議をWEB会議にすることで様々なメリットを享受することができます。


WEB会議というのは主に各個人のPC同士をインターネット回線で接続し、データを共有しながら会議をすることを指します。



同様の形態の会議にテレビ会議というものがあります。

テレビ会議が各会議室同士(集団対集団)を繋ぎ相手を動画で映しながら会議を行うのに対し、WEB会議は各個人のPC同士(個人対個人)を繋ぎ各資料等のドキュメントを共有しながら会議を行うという違いがあります。
会議の目的がコミュニケーション目的である場合はテレビ会議でも構いませんが、一定の結論に向かい議題に関して複数メンバーで検討していくことが会議の目的であればWEB会議は大変有効です。

遠隔地にいるメンバーが集まるための費用や時間の面で有利になります。



交通費や会議室代などの費用を削減できることができ、各メンバーの移動時間が減ることでスケジュール調整が容易になります。
データーをリアルタイムで共有することができるので必要資料をメンバーに渡す手間も省くことができます。
また、これから在宅勤務など働き方が多様化していく社会に備えてWEBでの会議を率先して導入することで、在宅勤務者へも優しい会社として社会貢献度もあがります。



社会貢献度の高い会社は企業イメージも良いため、働いている方々のみならず企業もメリットを享受することができます。


WEB会議はまさにこれからの社会に必須のアイテムといえます。