WEB会議の活用事例

WEB会議の活用事例

WEB会議は海外との話し合いがあるような場合に使用するととても効果的に使うことが出来ます。

使い方は簡単で、各拠点の端末をネットにつないで、その拠点のIPアドレスを入力することで使用することが出来ます。



複数の拠点で使用する場合は、参加してほしいところの拠点のIPアドレスを追加で入力していけばそれで複数の拠点とも同時に話をすることも出来るようになります。

リアルタイムでのテレビ会議のようなものとなりますから、普通に会議をするかのように使えます。

映像は拡大や縮小なども出来ますから、カメラを動かしたり、カメラに近づいたりすることで、見せたい映像を詳細にしたりすることも出来ます。そのため、WEB会議があれば、電話やFAXなどで伝えていた情報はもちろんのこと、出張などで伝えていたようなことも全て伝えることが出来るようになると考えてもいいでしょう。
ビジネスを考えるような時には、WEB会議は必須のツールとなるはずです。



WEB会議の使用料はネットの通信料ということになりますが、これは今はほとんどの企業がネットを固定費用で契約しているでしょうから、それ以上の費用は発生しないことになります。



つまり、ただで使えると考えていいでしょう。そのため海外との電話やFAXなどで通信費が多くかかっているというところは、これに切り替えることで大きな経費削減効果を期待することも出来るようになります。

使い方は簡単で誰でも使えますから、ビジネスには欠かせないツールとなるでしょう。